審美歯科

古来より日本では美の象徴として‘お歯黒文化’なるものが定着しておりました。
「ほくそ笑む」と云う言葉にもあるように、人前でむやみに歯を見せる行為を好しとはしていなかったのです。
しかし、近代に至り欧米から輝く白い歯が覗く“スマイル文化”が来日。
そして現代、グローバルスタンダード化の波に乗って
『こぼれる笑顔』は今や世界的な美の象徴に成ろうとしています。

『B&W』では、そんな屈託の無い本当(天使)の笑顔を目指すあなたを精一杯応援して行きます。

本当の美しさとは

美とは、健康な身体にこそ宿るもの、そして向上心のその先に顔を出すもの。
‘表面的な美しさ’の追求だけで得られるものではありません。
また美の追求・維持になんらかの負荷が掛かり過ぎていた場合(重荷に成る)も
“本当の美しさ”とは少しかけ離れたものになるでしょう。
『審美歯科』もまた、ただ単に白くて綺麗な歯を造るという意味だけでは
ありません。
あなたはまず、次の条件をクリアしていますか?

  • 今現在、虫歯、歯周病などの口腔疾患を喪処置のまま放置していない。
  • 特に支障を感じる事無く、美味しく食事が取れる。
  • 人と楽しく会話が出来る。
  • 日々の生活に過剰なストレスを抱えて(感じて)いない。

上記のいずれかをクリア出来ていない方は「病的状態」である可能性が高く、
それ以上の負荷にお口が耐えられない可能性があります。
見かけの美しさだけに拘るあまり、歯本来の機能が損なわれるような事になっ
ては元も子もないのです。

ですから、“お口の本当の美”を追求する為には、まず「口腔内環境が健康(全)で
ある事」・「咬合バランスがとれている事」などが非常に重要となります。
更に審美歯科における治療法の種類や、それぞれのメリット・デメリットが、
あなたにとって最適かどうかを十分に理解頂いた上で、最良な治療法を選択する
事が必要です。

『B&W』では先ず‘カウンセリング’を行い、その上で患者様の目指す最終到達地
点についてしっかりと‘ディスカッション’し、お互いの共感を深めておいてから
“術”にあたる事が、審美治療成功への第一歩だと考えています。

本当の美しさとは

ホワイトニング(漂白)

歯を特徴付ける微妙な(白)色の風合いに関与している物の一つが色素です。
この色素を薬液で分解し、歯質の漂白(脱色)を行う事をホワイトニングといい
ます。

作業を繰り返す事で、比較的容易にあなたの望む白さを手に入れる事が出来ます
が、デメリットとして髪の色を抜く(脱色する)のと同様に持続時間が3~6ヶ月と
短めな(後戻りする)事と、歯質を傷める(酷い場合、歯の中の神経がしみる場合が
ある)ため、過度な使用には注意が必用です。十分ご相談下さい。

ホワイトニング(漂白)
ホーム(セルフ)ホワイトニング
ホームホワイトニングキットを購入して自宅で行う最もお手軽な方法です。
 ホワイトニング専用マウスピースを作成し、そこにホワイトニングジェルを入れて装着します。薬剤が低濃度なので刺激が少ない
反面、即効性は無く、個人差により白さが実感出来るまでおよそ1週間〜2週間程かかります。

専用マウスピースは知覚過敏や歯質の肌荒れ防止のためのケア用(フッ素やミネラル入りペーストによる歯質パック)と
しても、御使用出来ます。

オフィスホワイトニング
歯科医院(オフィス)で行うより専門的な方法。
歯の表面に医院専用ホワイトニングジェルを塗布し、特殊な光線を照射することで(光)触媒効果により、歯を白くしていく方法です。
即効性があり、その日から歯の白さを実感出来ます。歯科医や歯科衛生士が術中状態を把握しながら行うので安全です。
又、自分で行う手間が省けるところも魅力です。

回数を繰り返す事でさらに白さは増しますが、自宅用に比べ薬剤が強いため違和感、痛みを感じた場合は、けっして我慢
して続けようとしない(やせ我慢しない)事。
『B&W』では、本格的オフィスホワイトニング以外に簡要型でお得な“プチホワイトニング”も御用意しておりますので、
定期的なPMTCのついでに是非、御試し下さい。

デュアルホワイトニング
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用した方法。
オフィスホワイトニングで歯を白くした後、ホームホワイトニングで効果を持続させるという、3つの中では短期間で最も効果の出る
方法です。ホームホワイトニングで色の保持と調節が出来る為、後戻りに対しても安心です。
ただ、両方行う為、費用(コスト)が高くなるのが雄一の難点か?

ホーム・オフィスの相乗効果とは裏腹に、歯質表面の白濁や知覚過敏等のリスクも起きやすくなるため、くれぐれも
違和感、痛み等を感じた場合は我慢(隠)して続けようとしない事(無理は禁物です)と出来れば専用マウスピースを用いた
知覚過敏や歯質の肌荒れ防止のためのケア用(フッ素やミネラル入りペーストによる歯質パック)の併用を御奨めします。

ブライトニング(クリーニング)
日頃御手入れしているにもかかわらず、意外に歯の表面はタバコのヤニや茶渋などにより着色されています。これらのステインを専用
機材でクリーニングする事で、オリジナルの白さ(輝き)を取り戻す事ができます。仕上げには、フッ素やミネラル入りペーストで歯の
表面をトリートメント(保質)し、歯質保護強化を促進させます。
歯の色調には個人差こそありますが、この作業だけで十分な輝きを取り戻して満足される方も多いです。また、デメリットが殆どない
治療法なので、日頃のホームケアやホワイトニング後の定期的なメンテナンスにご役立て下さい。

ブライトニングは「PMTC」の一環でもあります。
オプションでプチ(簡要)ホワイトニングを併用されると、よりその効果
が期待出来ます。

PMCTについてはこちら ▶

オーラルエステ

真の笑顔を追求するなら、白く美しい歯以外に口元にも気を配りたいもの。
そんなあなたに朗報です。皆さん、オーラルエステってご存知ですか?
口腔内洗浄などで、歯周病やそれに伴う症状(口臭など)を予防した後、
歯肉やお口周辺の筋肉をほぐすことで、ほうれい線等の口元のシワにも働きかけ
るトリートメント方法です。
リラクゼーション効果あり。女性だけでなく、仕事でお疲れの男性の方も
是非お試しあれ。

オーラルエステ

審美補綴(詰め物や被せ物)

虫歯治療で金属による詰め物や被せ物で治した歯や、歯並びの改善を含む審美的
要求のある方などが対象となります。ホワイトニング・ブライトニングなどの
歯面処理だけでは解決不可能な場合に用いる方法
で、主に耐久性に富み
劣化(変色)が殆ど起きないセラミック系材料と、物性的にはセラミックに劣る
が、比較的安価なレジン系材料を用いて審美回復を行います。近年歯科用人工材
料の進歩で、以前では審美性を諦めなければ成らなかったケース(症例)でも審美
補綴の可能性が高まって来ました。半ば諦め気味のあなた、ぜひこの機会に
ご相談下さい。

審美補綴(詰め物や被せ物)
メタルボンド
従来からある、審美補綴の代表格。セラミック(陶材)の弱点である耐衝撃性を補うため、金属の上からセラミックを焼きつける方法
(要は七宝焼きと同じ手順で製作されます)。
歴史があるため信頼度が高く、インレー(詰め物)以外の殆の症例に対応します。
金属を使用するため、審美要求の強い方や、金属アレルギーのある方には不向き。

オールセラミック
セラミック材の物性を改良し耐衝撃を強化する事で金属の補償が必要無くなりました。故に歯肉の黒ずみが起きにくく、
より高い審美性を追求できます。また生体に無害なセラミックだけを使用しているので、金属アレルギーの方でも安心です。
インレー(詰め物)、クラウン(被せ物)などの単独歯の治療に対応し、特にネイルサロンで行う“付け爪”のように、歯を削るリスクを
最小限(表面のみ)に抑え、シェルを張り付ける「ラミネートべニア」の症例に最適です。反面強化されたとはいえ、補綴物に過大な
応力歪みの掛かるブリッジ(欠損補綴)の症例にはやはり不向き。

ジルコニア
金属以上の強度を持ちながら、審美的に有利な白色系素材です。おまけに生体に無害な現在注目の新材料。
応力の掛かるブリッジの症例にも対応出来きるため、ほぼ全症例に対してメタルフリーを実現できます。
欠点は白系材料ではあるが、発色が単調でパール用の輝きがあるため審美的追求に対しては限界が低い。
しかし、メタルボンドと同じく、ジルコニアの上にセラミックを焼き付ける事が可能であるため、審美性の問題は解消される
(その分コストは高くなりますが…)。

ハイブリッドセラミックス
レジン(合成樹脂)にセラミックス微粒子を混ぜる事で、耐久性や強度の問題を強化した物。最近では ジルコニア微粒子も混ぜる事で
本来の歯と同程度の硬さにまで物性が向上しました。元々の歯を傷つけない利点も含め、有望な材料です。
しかも、コストパフォーマンスも高く、リーズナブルな逸品です。

基本、審美補綴は自由(自費)診療扱いです。
大掛かりな歯並びの改善(モデファイ)が必要症例においては、歯の神経を抜くリスクを伴う場合があります。
ご判断に必要な情報提供は惜しみませんのでくれぐれも決断に誤りなきようお願いします。

真の美しさとは、けっして一時的なものではなく、永遠に継続されるものです。
最良の口元を永く保つためには我々歯科医とあなた自身の日々の相互努力(メンテナンスケア)で
「審(真)美歯科」は完成する事を忘れてはいけません(ローマは一日にして成らず・継続は力なり)。