初めての方へ

balanced collaboration

医院名『BLACK & WHITE』は表裏一体(二元論)に因んで名づけました。


序章〜Prologue〜に刻まれしテーマに基づき更にここから、森羅万象(三元論)の仕組みを紐解くと…

森羅万象(三元論)の仕組み

…という一連の流れ(イメージ)で構築されているように思います。
つまり、バランスを維持させる方法の一つとして「他(人)のと協力(共存・共栄)が成り立つ!!」という意味です。  よって、ここに当医院のコンセプトとして『バランスドコラボレーショ』を掲げました。

治療方針

生体組織の殆どは、自己再生能力を持っているのですが
口腔内組織の一つである『』は、残念ながらその能力が乏しく、
自然治癒殆力が殆ど期待出来ません
更に、歯周組織の一つである『歯槽骨』に関しても
また別の意味で再生(復元)させる事が非常に難しいのが現状です。

ですから

歯科疾患治療の多くは医療全般にみられる完治による終了が皆無に等しく

 『人工代用物』での修理・修繕を旨とした“完成”をもっての終了となるのです。

これは

進化の名の基に自然が創り出す生態系(自浄作用)の枠外に飛び出し、
独自の発展を遂げた人類が造る文明社会(国家観)”と同じであると言えるでしょう。


そこで

B&W』ではコンセプトに則り、
口腔領域を一つの『都市国家(人間界)』と捉え、歯科診療に取り組みます。

     人(国)にとって、飲食(貿易)と会話(外交)を司る「お口(港町)」は生命(存続)を支える大切な場所。   口腔(町)内に運ばれた食物(物資)は『歯(工場)』により粉砕(加工)処理され、
   より消化吸収(消費)しやすい状態(製品)となり体内(国内各所)に送られます。 

 また当然そこには、多種多様な口腔常在菌(港町在住の人々)が共生(生活)しており、
更なる食物の分解(商品化)に貢献してくれています。

しかし

これらの中には、人にとって有益な善玉菌以外に
人に対して無益な日和見菌や有害な悪玉菌も少なからず含まれており、

時として

それら寄生菌の割合が増えれば『種々の病(問題)を引き起こす要因となります。
そんな輩は徹底的に排除(根絶)してしまえ!!
誰もが皆、そう願う事でしょう。


しかし残念ながら

(石川や)浜の真砂は尽くるとも世に盗(悪)人の種は尽くまじ
と云う辞世の句にも在る様に「悪玉菌の淘汰」は不可能な事なのです(二極一対の法則)。

おまけに

口腔領域は『咀嚼』という動きを頻繁に繰り返す‘可動領域’であるため
これは地球規模で見れば、俗にいう“地震大国(列島)”と云われる地帯(域)と同じであり、

まさに

自己再生能力の無い『人工代用(構築)物』にとっては
維持管理していく事が非常に難しい劣悪的環境と言えるでしょう。


ではどうすれば良いのでしょうか?

幸いにも


『お口』は人の有(統治)する器官(地域)の一部であり主権を持っているのはあなた自身


ですから


健康な(秩序ある)口腔内環境(街づくり)を心掛ければ良いのです。
つまり、心(政治)身(経済)の均衡を保ち充実(安定)した日常生活を維持するのです。

そこで

B&W』は、皆様の口腔内組織の機能回復(インフラ整備)に重点を置いた
「治療(調整・修理・工事)」や「予防メンテナンス(点検・警備・清掃)」を行う事で
バランスのとれた(治安の良い)お口の環境作りとその維持
御協力(三位一体の法則)出来ればと考えています。

BLACK & WHITEのマーク


☯ 我思う、故に我あり〜Cogito ergo sum〜 ☯


私の思い描く理想の歯科医師像は「お医者様」というよりは『お口の(トラブル)何でも屋(バスターズ)』

そして、そんなイメージを当医院のマークに込めました。


先ず、B&Wの顔として相応しいマークデザインとは…

※ 斬新かつ明瞭で飽きが来ず、末永く皆様に愛される(愛嬌のある)キャラクター’ である事 !!

しかし、世間での歯医者さんへの評価は “痛い” ・ “怖い” ・ “嫌い” の三拍子

「それならいっそうのこと対峙する相手(虫歯菌)をマスコット化してやろう!!」と、逆転の発想で誕生したのが、

ミュータンス君』


さらに、ちまたでよく見かけるピクトサイン(グラム)を大胆にアレンジし、完成したのが我が屋のシンボルマーク

NO
!ミュータンス

かつて、この奇抜なアイデアで一世を風靡したキャラ(シンボル)マークは『ゴーストバスターズ』ただ一つ。

世はまさにインターネット時代、こやつにも是非一人歩きをして新(電脳)世界に羽ばたいてもらいたいものです。


そして、B&Wのもう一つの顔であるロゴマークについて…
注目したのは既にマークとして確立されている「」!! 表看板では、敢えて歯のマークで伏字としておりますが

これはアンパサンドといって英語では ‘and’ ですがラテン語では et” … つまり「」はラテン表記の略なのです。「ちょっとまてよ、もしかしてNOミュータンスを表裏逆(鏡写し)にして〜それでもってこいつを象形化すれば…」


見事にマークとの符号の一致を見たのでありました。


これで全て(B&Wが掲げる世界観)が一つに繋がった…

めでたしめでたし。  

  • BLACK & WHITEロゴ1
  • BLACK & WHITEロゴ2
  • BLACK & WHITEロゴ3